2017年11月21日(火)-松本真理子ブログ-

19日、快晴の秋の日。
国文祭、障文祭の大きなステージ「まほろばあいのわコンサート」の日。
涙が出ました。やりました!!みなさんすばらしい!
164名の大合唱団。赤のTシャツを着た障害ある人ない人の
心をひとつにした熱唱曲の数々。本当にすごかったです。

みなさんノリノリで、楽しそうに伸び伸びと...。
“こんなステージになったらいいな”と思っていた、それ以上の本番となりました。
ゲストのタニケンさん、畝傍高校の音楽部のみなさん、ありがとうございました。
みなさん、ほんとに心のきれいないい方ばかりでした。

フォーエンジェルス、森田バンドもカッコ良かった!
大江リーダーはじめ、うちの軍団もさすがプロ。
ナイスフォローをしてくれました。

出演者の方々の嬉しそうな顔を見て、2年間の準備の苦労が吹っ飛びました。
絶対に次につなげたいと思いました。
国文祭も、あとわずか。閉会式が近づいています。



▲このページの上へ

2017年11月16日(木)-松本真理子ブログ-

12日のビッグイベント、松本真理子ファミリーコンサート「マリンバまつり」は
大盛会の内に無事終了しました。
いろいろとご支援、ご協力頂きまして本当にありがとうございました。
やっぱりうちの門下生は本番が強い!
50年のキャリアとカリスマプロ奏者の真理子先生と同じステージで
共演するという事がみなさんのすごい実力を引き出したと思っています。

超満員のお客さまの前で「八木節」からスタート。
ホールの照明さんも頑張ってくれました。
大江リーダーの見事な仕切り、中橋ステマンのステージ配置、
みんなそれはそれは動く!これもうちの伝統です。
裏方をやってくれる子は本当にみんな気配りのできるいい演奏を
してくれるんですよね。

今回も新しいスターが生まれ、びっくりする程伸びたメンバーもいます。
国文祭応援事業だからこそ、アマ・プロ問わずのこんなビッグなこと
考えられたんですよね。
小学生のマリンバ教室生まで出演したんですから。
出演者がすべてすごい成功体験として心に刻んでほしいと思ってました。
本当に思いのこもった充実したコンサートになりました。

私は出づっぱりでほんとしんどかったんですが、一番楽しんでいたのも私でした。
特訓の日々でしたが、やっと報われた日。
出演者のみなさんに拍手。おいで下さった大勢の方々に感謝感謝です。
ありがとうございました。


翌日は、あちらこちらへお礼に回ろうと思っていた日でしたが、告別式へ。
尊敬する、さくら幼稚園の竹内美千代先生が亡くなられたんです。びっくりしました。
7月のトークサロンには、キラキラ輝いておられ、幼児教育のすばらしさ、
こども達への限りない愛情表現を楽しく聞かせて頂いたばかりでしたのに。
悲しくて、悔しくて、やるせなくて...。 心からご冥福をお祈りしています。


14日は、恒例の地元治道小学校とM'Sコーラスとの交流会の日。
小さな小学校ですが、みんな純朴で可愛い。
音楽のレベルもしっかり上っているし、意識も高まっていると思いました。
M'Sさんも気合いの入ったいい演奏をして下さり、私もノリノリ。
帰りには、早くも教頭先生が記念の写真をみんなに配って下さってびっくり。
学校の許可を頂いて、ちょっとご披露させてもらいますね。

松本真理子 ブログ 2017年11月16日


さあ、19日まであとわずか。2年がかりの 「まほろばあいのわコンサート」の本番です。
160人の合唱、さあ、どうなる事やら。
とにかく私でできる事は、すべて出し切る気でいます。
当日、飛び込みでもきっと入場できると思いますよ。
14時に橿原文館でお会いしましょう。
すごいステージを、是非、見て下さい。




▲このページの上へ

<<新しい記事へ     過去の記事へ>>