Blog-2018/12/26

今年の12月は激動の日々。大袈裟ですが。
本番も多く、打ち合せ、忘年会、目の手術と充実の日が続きました。

12日は、2年に1度寄せて頂いている奈良教育大学附属幼稚園に参りました。
とにかく可愛い!!
反応が素直で目が輝いている。
先生方、保護者の方々も意識が高く、本当に演奏しやすい楽しい本番でした。
こうしてレギュラーで呼んで頂けるというのは演奏家冥利に尽きます。
特に、広い構内にある教育大学で5年間教えに行っていた私にとって、ほんとにうれしい日でした。

 


15日は県の依頼を受けて「あしたのなら表彰式」ゲスト出演。
奈良公園の中にある美しい奈良春日野国際フォーラム「甍 ~I・RA・KA~」。
とにかく感動!!輝いておられるシルバーさん5名が3分間のスピーチを堂々とされて、すごい拍手。
何と93歳の方が最年少! 102歳、103歳の方がいらっしゃったんです。
みなさん、お元気でかっこいい! 長寿社会到来。ハッピーな気分になりました。
あわよくば私も80歳までマリンバを演奏していたら何かの賞がもらえるかと企んでいましたが、何の何のあと20年!
上手に元気にかっこよく年を重ねたいと思った事でした。
同じくゲストの桂文福さん。久しぶりにお会いできました。
相変らず腰が低く、サービス精神旺盛。いい味を出されていてうれしくなりました。
県の担当の方々、インパクトのスタッフさん方、本当にお世話になりました。


翌日、朝早くの新幹線に乗って群馬へ。
お弟子さん達に「先生、ハード過ぎる!」と呆れられてます。
高崎ワシントンホテルのディナーショー。
兄のプロデュースで松本ファミリーの、ごっちゃ煮(?)のショー。
超満員で兄の人気はすごい!
お料理が特上の美味しさだったらしく、おいで下さった方々が大興奮。

マリンバは甥の敦嗣が高校から借りておいてくれ「弘法、筆を選ばず」で、それなりにバッチリ演奏しました。
ピアノ伴奏も現地調達。すばらしいピアニストを用意してくれました。
テクニック、度胸、見栄え、即興性、言う事なしの方でした。
私はマリンバ、ピアノ、カホンに歌、司会とマルチに動き、大拍手。気分良く終演。
姉の細やかな心配りに涙が出そうでした。
深夜バスに乗って奈良へ帰り、朝7時に到着。
目の検査に行って、無事クリア。ほんとによく見える様になりました。


21日は宍粟市のくりのみ保育園へ。
教育大学時代の教え子が保護者になっていて、私を呼んでくれました。
みんな元気! エネルギーが半端ない。伸び伸びの自然児。
メリハリが利いていて、演奏を聴く時はビシッと必死に聴いてくれる。
のりのりの曲には手拍子入りのボディーパフォーマンス。
ほんとにうれしい本番でした。

共演してくれたお弟子さんも、よくがんばりました。
こどもは正直。ちゃんと本物を見分けます。
この子達が、このまま伸び伸びと育ってほしいと心から願っています。


23日は今年最後の本番、やまと郡山城ホール主催の「音楽のおくりもの」の日。
毎年の恒例公演です。マリンバ教室の6年生が出演しました。
今年は6名。本番バッチリでがんばりました。
みんな、卒業の間近になると急に仲良くなる。
特に、このコンサートの頃は、身を寄せ合ってチームワークバッチリになります。

芸協の会員のステージも心和むいいコンサートでした。
今は特別顧問という立場ですが、樋岡会長はじめ、若い会員さん達の成長を心から見守っています。
こんな事を言うと急におばあちゃんぽくなってしまいますね。
気をつけないと...(^_^;)

あとはいつもの様に、し残しの諸々の処理、打ち合せ、ドラム教室のオリエンテーション、かかしの家のお餅つき手伝い、忘年会と続き、静かに1年が暮れて行きます。
いろいろな事があった1年でした。
でも、何とか無事こうしてマリンバを続けていられる幸せ。
本当にありがたいことだと思います。
又、来年は2月16日に恒例の奈良労音主催リサイタルが控えています。
まだまだ、がんばらないと!

いつもご支援頂いて、ほんとにありがとうございます。
おかげさまで体調良好、体重維持、視力1.2で年を越せます。
どうぞよいお年を。

ブログ
月別投稿記事
松本真理子-マリコマリンバスタジオ-