Blog-2020/12/23

12月20日は毎年恒例のやまと郡山城ホール主催、市芸協協力の「音楽のおくりもの」が開かれました。
いつもはクリスマス気分満載の盛り上るコンサートなんですが、コロナ対応で、いろいろ大変でした。
コーラスはマスク着用。
毎年、元気いっぱい伸び伸びとした歌声からスタートするんですが、思う様に歌が届かず...残念。
まあ、仕方ありませんね。

マリンバ教室6年生9人の演奏は、「先生バカ」ながら本番バッチリのすごい演奏でした。
少ないレッスン時間の中、修学旅行があったりと大変でしたが、みんなの集中力はすごい。
こども達の底力を見た感じがします。
このまま、3月7日の修了コンサートまで順調に進んで行ってほしいと思っています。
今年は、2人のトレーナー(深津・幡井)のレハ室での下練習の持って行き方が、すごく良かった様に思います。ほんと、ナイスサポートでした。

芸協の3組の演奏も、よく練習した好演でした。
この本番のため、真剣に取り組んだ跡があってうれしかった。
特別顧問としてお手伝いするのは、もうこのコンサートだけになりましたが、やはり時の流れを感じます。
全く挨拶のできない、私を知らない会員がいますものね。
会長、副会長、コンサート委員さん、本当にお疲れさまでした。


明けて、21日は斑鳩町の「あゆみの家」ミニコンサートの日。
今年は全く本番がなくて、目標がなくなり、ちょっと欲求不満気味。
何とか内輪のミニコンを!と企画しました。
今回は全員、1曲ずつソロを熱唱!
スピーチあり、合奏、ダンスありと大盛り上り。感動のコンサートとなりました。

支援員さん達が、とてもいい方ばかりで、お揃いの可愛いベレー帽を作って下さったり、おみやげを用意して下さったり。
いつも歓迎して下さるのがうれしくて、月2回通っています。
来年こそステージで歌いたいものです。


22日は、地元公民館でのM’Sコーラス最後のレッスン日。
今回の「あしたのなら」表彰はM’Sコーラスのみなさんのおかげです。
このレッスン日に、表彰状とメダルを持って来てほしいとおっしゃったので、M’Sのみなさんにご披露させてもらいました。
みなさん、すごく喜んで下さって、記念写真を撮ったり、花束を頂いたり(推薦者の森さんより...ありがとう!)。
本当にうれしかった。
そのあと、私達M’Sコーラスのヒットパレード(?)の熱唱!
やはりマスクを着けての合唱なので、もどかしい。
早く、思い切り声を張り上げて歌いたいものです。

今年も、もうすぐ暮れようとしています。
コロナ禍の中で我ながら、まあ、よくがんばったと思います。
「さすが真理子先生!」と拍手を贈って下さったメールも頂きましたが、やっぱり、もっともっと演奏がしたかった。
来年こそ!と念じつつ、新しい年を待ちます。
みなさま、本当にいろいろとお世話になりました。
どうぞ良いお年を!

P.S. 2021年は1月9日の本番からスタート!!です。

ブログ
シェアする
月別投稿記事
松本真理子-マリコマリンバスタジオ-