Blog-2021/03/01

快晴の2月23日。
奈良労音主催の「真理子のコンサート」、無事終りました。
いろいろとご支援ありがとうございました。

150人しか入って頂けず、本当に辛かったです。
正直、毎年必ず楽しみに待っていて下さる方がたくさんいらして、3,500円のチケットが、すぐに完売していたのですが...。
2月に入ったら「ごめんなさい!」のお詫びばかり。
申し訳ありませんでした。

コンサートは、1部のミズノマリンバが思っていた以上に鳴ってくれて、心からマリンバの音色に酔って演奏していました。
2部の福原瑞木氏のピアノ。
すごい!この本番に賭ける彼のすごい情熱に圧倒されました。
若々しく、誠実な好青年で、増々大ファンになりました。

最後の「マリンバスピリチュアル」。
思い残すことのない程、やり切った感があります。
後半は「魂振り」の音楽です。
活力の衰えた魂を振り動かし、新たな活力を与える「再生の呪術」のこと。
エネルギーをもって動き出すんです。
私が初詣やお参りに行く、近所の石上神宮が、まさにその特殊神事を受け継いでいる格の高い神社だったのです。
コロナ禍の今こそ、この曲を弾きたかった!
そんな思いが客席のみなさまに、きっときっと伝わったと確信しています。
自分の思いを伝えるマリンバを続けていて良かった!と心から思いました。

アンコールも盛り上り、愛弟子、奥・福永・幡井のがんばり屋の3人に助けてもらったうれしい日となりました。
来年は4月になると思います。
次回は、300人OKのコンサートになることを念じています。

次は3月7日の城ホールのマリンバ教室修了コンサート。
13:30より、やまと郡山城ホール小ホールで開催されます。
コロナ仕様で一般の方々に広くPRできないのですが、教室卒業生は関係者ですので、のぞきに来てね。
今年も一生懸命の、すごい演奏をしてくれると思います。

ブログ
シェアする
月別投稿記事
松本真理子-マリコマリンバスタジオ-