Blog-2021/06/16

6月4日の学園前ホールでのコンサートの事が奈良新聞に大きく載り、いろんな方からご連絡頂きました。
演奏と講演、音楽療法をうまく構成した真理子スタイルのコンサート。
これからは、こんな”元気”をコンセプトにいろいろ動きたいと思っています。
この講演の後、又、他の団体からもご依頼を頂いています。ほんとにうれしいです。

今は6月20日のマリコスタジオ総出演による第55回記念グランドコンサートに向けての猛特訓中。
連日、マリンバとドラムの音が鳴り続けています。
一切手抜きなし。思い残しのない様、ひとりひとりに寄り添って最後の仕上げにつき合っています。
入場料無料です。(結構、お問い合わせを頂いていますがコロナ禍で入場者半数対応でお待ちしています。まだOKですよ。)

そんな中、13日には20年ぶりの三木労音のお招きでコンサート出演。
ほんとにうれしかった!!実に4回目。
小巻さん、平井さん、なつかしい役員さん達と感動の再会。
マリンバを続けていて良かった!と心から思いました。
早くから三木市出身の内海さん(優秀な弟子です)や、いつも大きなパワーで応援して下さる野中さん、小柴さんが激励に来て下さり、ウルルン・・・。

2時からの本番も大盛り上がりでした。
ちょっと気合いを入れ過ぎてハードな曲が並びましたが汗びしょになりながらも思い切り演奏することができました。
労音初体験のピアニスト、テトラメンバーは客席の方々のあったかさと労音スタッフの熱さにびっくりしていました。
みんながんばりました!三木まで1時間半。ほんとに近く感じられました。ご縁を頂いた三木市で又、演奏できる事を願っています。

結局、車の運転は私。とにかく運転が大好きで、疲れたら交代してねと言いながら、ほとんど私。
お弟子さん達はマリンバ、ドラムの解体・組み立てと、ほんとにしんどい思いばかりさせてしまいましたから・・・。
みんなに助けてもらっての三木ツアーでした。

さあ、20日の大きな山をみんなで心残りなく越えられますように。

ブログ
シェアする
月別投稿記事
松本真理子-マリコマリンバスタジオ-