Blog-2021/10/22

コロナの方も少しは落ちついて来た様です。
このまま何とか終息してほしい。

10月15日、16日と関西打楽器協会 設立35周年記念のイベントが実施され、本当に感動の2日間に立ち合うことができました。

コロナのせいで2回延期され、3度目の正直でやっと実現!
演奏者の方々の熱演と協会35年の歴史を振り返り、ジーンと胸が熱くなりました。
16日、ザ・シンフォニーホールでのガラコンサートは圧巻!
SINSKE氏から始まり、マーティーさんのスーパードラムまで。
アンコールの6人の「リベルタンゴ」のアンサンブルは、お見事!!

孫弟子の三村未佳ちゃん、がんばりました!
瑞々しいセンスあふれるヴァイブの演奏に、あの泣き虫だった甘えん坊がと感無量でした。
ここまで旗を振って私達を導いて下さった坂上理事長に心から感謝!


翌日17日は橿原分館で、11/27の「まほろば あいのわ コンサート」の合同練習。
2年ぶりの再会。みんな待ってました!の盛り上がりで、ノリノリ。
音楽は心をひとつにする。ほんと、そのままでした。
次は11月13日に練習の2回目。今から楽しみです。
会場は大和高田市の「さざんかホール」です。
障害のある出演者にとって、使い易い優しいホールでありますよう祈っています。

ブログ
シェアする
月別投稿記事
松本真理子-マリコマリンバスタジオ-