Blog-2018/6/1

毎日、書類と楽譜の“海”状態です。
週に1度は事務的な処理日を作っているのですが...間に合わず、いろんな本番の準備に追われています。

5月18日の以呂免先生のトークサロンの余韻に浸っています。
ほのぼのとした、すばらしい弁護士さんでした。
超エリートのすごい先生なのに、気さくで話題、人脈が幅広く、ほんとに盛り上りました。
おいで下さった方々、本当にいつもありがとうございます。
次回はアフリカのすごくおもしろいお話です。乞うご期待!


19日は京都アルティホールへ。
打楽器協会役員仲間の宮本妥子さんのリサイタル。
すばらしかった!!圧倒されました。
今や打楽器のプロとはここまで来たかと。
普段は控え目な、よく気がつくチャーミングな女性なんですが、ステージの彼女は全く別人でした。
ほんと、よくがんばったなー!


翌日20日は、久しぶりに「真ちゃん」ライブへ。
いつもの地元のさとなかでのコアなファン向けのホットなライブ。
愛妻の和世ちゃんを亡くしたあと、ほんとに心配していましたが、がんばって歌っていました。
声はよく出ているし、トークもワンランクアップ。うれしかったです。

音楽的なダメ出しは、別の日にFAXで…。
(勝手に真ちゃんのプロデューサーと思っている私です。)
ずーっと応援するつもりでいます。
ゲストの衣川さんは、さすが!安定感とプロの貫録あり。いろいろ勉強させてもらいました。


28日は、あゆみの家の本番前最後のレッスン。
みんなすごく上手!6月2日が楽しみです。

午後から兵庫の三木市へ。
長く応援して下さっている野中様のお誘いで、久しぶりの遠出でした。
小柴様(ビジネスパートナー)とおふたりで心よりのおもてなしを受け、観光、コンサート打ち合せ、お食事と充実したひとときを過ごさせて頂きました。

みなさんは三木市にある「窟谷(いわや)の金水」ってご存知ですか?
1500年も手つかずの歴史が止まった様なパワースポットです。
ここにご案内頂きました。
原始林の中の小道を進み、何も言えない様な金色に光る石室。
全く荒れていない日本の原風景がありました。
みなさまも、ちょっと検索してみて下さい。

下見に行った三木市の文化会館もすばらしい立派なホールでした。
ここでのコンサートが無事成功しますように。

野中様(有名な板前さんです。)、お手作りのおいしいお料理を頂き、小柴様のお母さまにもお目にかかり、うれしい三木での思い出を胸に帰路に着きました。


M’Sコーラスコーラスの特訓も熱を帯びてきました。
みなさん、自主練習してぐーんとレベルアップされました。
6月10日、23年間の成果をしっかりとお出しします!

ぼちぼち8月19日の門下生発表会の曲が決まって行きます。
みんなに、キラキラ輝くいい曲を弾いてもらいたいと
毎年、頭をガンガンに考え抜く大切な頃となりました。

ブログ
シェアする
月別投稿記事
松本真理子-マリコマリンバスタジオ-